神戸大学・服部泰宏准教授 監修内定者・新入社員の意識調査

新入社員の特徴を掴み、効果的な育成に活かす!

調査コンセプト

本調査は、HR総研が主催となり、神戸大学大学院 経営学研究科の服部泰宏准教授が監修する調査です。
新入社員の状態を、内定時から入社1年後まで継続的に調査することで、入社後の不安感など意識の変化を追うとともに、会社への期待と実現度、会社への愛着などを把握します。
新入社員の傾向についての分析結果を元に、新入社員の特徴や変化を的確に掴めることで、効果的な新入社員の育成に繋げます。

<参加特典>

  1. 以下データを調査終了後1ヶ月以内に進呈。
    • 服部准教授分析による本調査結果の全体分析レポート(PDF形式)
    • 回答者全体の業種別・従業員規模別クロス集計データ(Excel形式、グラフ付き)
    • 自社回答者の調査結果レポート(PDF形式) ※2022年卒調査が対象
  2. 自社内定者・新入社員と調査参加全社の全体回答結果をグラフで比較可能。
  3. 自社内定者・新入社員の回答データをCSVダウンロード可能。
  4. 自社内定者・新入社員の回答データを、専用集計ツール『SurveyHR Cross』にて単純集計及びクロス集計可能。

服部泰宏氏のプロフィール

神戸大学・服部泰宏准教授

神戸大学大学院 経営学研究科 准教授

神奈川県生まれ。国立大学法人滋賀大学専任講師、同准教授、国立大学法人横浜国立大学准教授を経て、2018年4月より現職。日本企業における組織と個人の関わりあいや、ビジネスパーソンの学びと知識の普及に関する研究、人材の採用や評価、育成に関する研究に従事。2010年に第26回組織学会高宮賞、2020年に日本労務学会学術賞などを受賞。

調査結果のイメージ

A.服部泰宏准教授による調査結果の分析レポートのイメージ(2021年3月内定者調査より)

B.SurveyHRログイン画面上での調査結果のグラフ表示、自社回答データのダウンロードのイメージ

SurveyHR上での調査結果のグラフ表示イメージ

自社回答データのダウンロード画面イメージ

こちらから回答データをダウンロードすることができます。

C.集計ツール『SurveyHR Cross』での単純集計及びクロス集計

※集計ツール『SurveyHR Cross』は、『SurveyHR』にログイン後、無料でダウンロードすることができます。

こんな企業様にお勧めします。

  • 新入社員(内定者)が3名以上いらっしゃる企業様
  • 今年の新入社員(内定者)の特徴を知りたい企業様
  • 内定者フォローの成否を確認したい企業様
  • 内定辞退を防止したい企業様
  • 効果的な新入社員の育成を実施したい企業様
  • 新入社員の早期離職を防止したい企業様

調査スキーム

新入社員や内定者へのアンケートは、人事アンケートシステム『SurveyHR』※にて実施します。

※『SurveyHR』 とは、「人事に対する調査」「社員に対する調査」の2つのアンケートプラットフォームです。
新入社員調査のようなHR総研主催の合同アンケートに参加することで、他社と自社の調査結果を比較することが可能となります。

調査の流れ

  1. 人事ご担当者様により、調査への申込みを行います。
    ※調査に使用する「SurveyHR」への会員登録(無料)も同時に行います。
  2. 調査開始前日までに、事務局より、参加企業別回答用URLを発行し、メールでご担当者様にお送りします。
  3. 人事ご担当者様により、自社の新入社員に参加企業別回答用URLを配信し、アンケートへの回答を促します。
  4. 調査期間中に、内定者もしくは新入社員が回答します。
  5. 調査期間終了後、SurveyHRログイン画面にて調査結果グラフの確認、および自社回答データのダウンロードが可能となります。
  6. 調査期間終了後、約1ヶ月後を目途に、事務局より調査結果の分析レポート等をご提供します。

調査概要

1.調査スケジュール・お申込み

<2021年卒 新入社員合同調査>

調査種別 調査対象 申込締切 調査期間 調査別参加申込み
3月調査 2021年卒 内定者 2021年2月22日 2021年2月25~3月10日 受付終了
6月調査 2021年卒 新入社員 2021年6月14日 2021年6月17~30日 受付終了
9月調査 2021年卒 新入社員 2021年8月31日 2021年9月3~16日 受付終了
3月調査 2021年卒 新入社員 2022年3月1日 2022年3月4~17日 受付終了

<2022年卒 内定者・新入社員合同調査>

調査種別 調査対象 申込締切 調査期間 調査別参加申込み 一括参加申込み
10月調査 2022年卒 内定者 2021年10月13日 2021年10月18~11月1日 受付終了 受付終了
3月調査 2022年2月22日 2022年2月25~3月10日 受付終了
6月調査 2022年卒 新入社員 2022年6月14日 2021年6月17~30日 受付終了
3月調査 2023年2月28日 2023年3月3~16日 受付終了

2.参加料金

  • 「2021年卒 新入社員合同調査(3月度)」は、無料でご参加になれます。
  • 「2022年卒 内定者・新入社員合同調査」の参加料金は、以下のとおりとなります。

合同調査参加料金

回答者数 通常料金 [1回につき] セット料金 [全4回]
3~50名 5万円(税込 5.5万円) 15万円(税込 16.5万円)
51名以上 10万円(税込 11万円) 30万円(税込 33万円)
  • 「回答者数」とは、調査対象となる参加企業各社の内定者数・新入社員数となります。

    調査の回答締切時点で回答者数が2名以下であった場合、回答の匿名性を担保するため集計から除外され、
    調査結果のご確認ができなくなります。
    報告は、貴社の回答を除外後の全体報告のみとなりますが、費用は発生いたします。
    回答期間中の貴社内定者・新入社員の回答件数は随時確認できますので、リマインド等で回答を促すようにしてください。

  • 調査対象を複数グループに分割されたい場合には、そのグループ数分の料金が必要となります。
  • 「セット料金」とは、「2022年卒 内定者・新入社員合同調査」全4回分を、一括参加申込みされる場合の料金となります。
    全4回の調査に、3回分の料金でご参加いただけます。

    • 「2022年卒 内定者合同調査」:全2回(2021年10月/2022年3月)
    • 「2022年卒 新入社員合同調査」:全2回(2022年6月/9月/2023年3月)

割引対象

2022年卒内定者・新入社員合同調査について

  • 2021年卒内定者・新入社員合同調査のいずれかに参加した場合:すべて半額
    ※「2021年卒 新入社員合同調査(9月度/3月度)」にご参加の場合も対象となります。
  • HRサミット2021 オンライン」に参加申込みした場合:いずれか任意の1回の調査に限り半額

    「HRサミット2021 オンライン」への参加申込み

※「半額」はセット料金には適用となりません。

割引適用後の4回分の合計とセット料金を比較して、安価の方を適用させていただきます。

(例)回答者数50名以下の場合
2021卒調査参加企業の4回分の合計額 10万円 < セット料金15万円 ⇒ 10万円を適用
HRサミット特典企業の4回分の合計額 17.5万円> セット料金15万円 ⇒ 15万円を適用  

お支払いについて

  • 請求書は調査終了後に、PDF版をメール添付いたします(原本の郵送も可)。
  • お支払いは「調査終了月末締め、翌月末払い」となります。

3.参加対象

参加可能な、4月入社予定の内定者もしくは新入社員(大卒・短大卒・高専卒・専門卒)が、3名以上いらっしゃる企業となります。

※回答の匿名性を担保するため。

4.参加特典

  1. 以下データを調査終了後1ヶ月以内に進呈。

    • 服部准教授分析による本調査結果の全体分析レポート(PDF形式)
    • 回答者全体の業種別・従業員規模別クロス集計データ(Excel形式、グラフ付き)
    • 自社回答者の調査結果レポート(PDF形式) ※2022年卒調査のみ
  2. 自社内定者・新入社員と調査参加全社の全体回答結果をグラフで比較可能。
  3. 自社内定者・新入社員の回答データをCSVダウンロード可能。
  4. 自社内定者・新入社員の回答データを、専用集計ツール『SurveyHR Cross』にて単純集計及びクロス集計可能。

※本調査に参加するには、人事調査クラウド「SurveyHR」への会員登録(無料)が必要となります。

調査結果バックナンバー

共同調査 受付中。お気軽にご相談ください。

共同調査の詳細はこちら 共同調査のお問合わせ その他のお問合わせ