HR総研:2023年&2024年採用動向調査(6月) 結果報告

~ターゲット層の変化が拡大、24卒採用でさらなる早期化の見込み~

2023年新卒採用活動も終盤に入った企業、もしくはすでに終了し、2024卒採用に向け動き出している企業も少なくないのではないだろうか。
HR総研は、2023年新卒採用の中間総括と2024年新卒採用の予定について、動向調査を実施した。採用スケジュールや重視した採用手法、進捗など、様々な項目に関する調査結果について、フリーコメントを含めて以下に報告する。

 

調査結果サマリー

●「就活ナビ」が最多、大企業では「逆求人サイト」も重視
●新卒採用ターゲット層が変化している割合、すべての企業規模で増加傾向
●ターゲット層の採用に効果的な施策は「インターンシップ」、「キャリアセンター訪問」、「逆求人サイト」
●大企業の7割が「個別採用に取り組んだ」、中小企業では4割が「個別採用に注力した」
●大企業と中堅企業の3割、「1月」までに面接開始
●最終面接は「対面形式のみ」で実施する企業が増加
●理系学生の方が文系より内定出しをやや前倒しの傾向
●内定者に占めるインターンシップ参加者の割合、大企業では「40%以上」が4割
●23卒採用活動、「6月までに終了」は大企業の4割。中堅企業でも「9月までに終了」が7割
●24卒向けインターンシップ、中小企業で顕著に増加の見込み
●面接開始の予定時期、「1月までに開始」大企業で半数近く
●内定出し(内々定出し)開始、大企業の2割で「前年より1ヶ月程度以上の早期化」の見込み

【調査概要】

アンケート名称:【HR総研】2023年&2024年新卒採用動向調査(6月)        
調査主体:HR総研(ProFuture株式会社)
調査期間:2022年6月6~17日
調査方法:WEBアンケート
調査対象:企業の人事責任者・担当者
有効回答:221件

※HR総研では、人事の皆様の業務改善や経営に貢献する調査を実施しております。本レポート内容は、会員の皆様の活動に役立てるために引用、参照いただけます。その場合、下記要項にてお願いいたします。
1)出典の明記:「ProFuture株式会社/HR総研」
2)当調査レポートのURL記載、またはリンク設定
3)HR総研へのご連絡
  ・会社名、部署・役職、氏名、連絡先
  ・引用元名称(調査レポートURL) と引用項目(図表No)
  ・目的
Eメール:souken@hrpro.co.jp

※HR総研では、当調査に関わる集計データのご提供(有償)を行っております。
詳細につきましては、上記メールアドレスまでお問合せください。

関連キーワード

関連する記事一覧

メディア掲載実績

共同調査 受付中。お気軽にご相談ください。

共同調査の詳細はこちら 共同調査のお問合わせ その他のお問合わせ